· 

エスプレッソマシンって火にもかけられるの?(後編)コーヒーファン向けイラストその13

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントや、この器具の特徴はこうだよ〜。という、興味のない人にはどうでもいいことをブログにしました。

 

 

今回はエスプレッソ直火式の後編です。前編では電動のマシンとの違いについて書きました。今回は、実際に淹れる手順編です。

直火式の特徴を、簡単にお分かりいただけるように書いていきま〜す!

上・中・下。パーツは3つに分かれます。

直火式エスプレッソメーカー分解
全部丸洗いできます。ガラスや陶器と違って、割れないの。

まずは、3パーツの役割の確認。イラストのように、3つに分かれるんです。1つずつ確認しましょう!左から順番にいきますね。

 

下・フラスコ部分:お水(お湯でも可)を入れます。

 

真ん中・バスケット部分:コーヒー粉(深煎り・細挽き)を詰めます。

 

上・ポット部分:湧きあがったコーヒーが抽出されてきます。逆流はしません。

 

この3パーツに材料を入れ、組み合わせた状態で、コーヒーを抽出していきます。

エスプレッソだから、沸いたら一気に完成しちゃう。

 では、淹れ方の手順です。

  1. 下の部分に分量の水を入れます。
    量は飲みたいデミタスカップで測ると安心です。安全弁(外側に付いてます)よりは入れすぎないように。

  2. 真ん中部分を下に差込み、粉を入れます。
    粉は器具にセットするか、安定した状態で入れましょう。タンパー、計量スプーンの背などを使って、平らに、かつ固めにぎゅっと詰め込みます。電動マシンのタンピングに近いイメージです。

  3. 上部をきちんとはめ込みます。
    緩みがあると、蒸気が漏れてしまいます。キュッと、閉めてあげましょう!

  4. 火にかけて沸騰するのを待ちます!
    器具が小さいので、そのままだと不安定な時は、安全に沸かせるよう、五徳か焼き網に乗せて沸かしましょう。

    少量なので結構すぐに沸いてきます!よそ見しないでくださいね♡
直火式イラスト2
お風呂を沸かしてるみたいです。沸騰してからが超早いの。

 5. 下のノズルから昇ってきたお湯が、シャワーヘッド状の穴から粉を通過して、一気にコーヒー液へと変身します。


ポット部分にもノズルが付いています。真ん中部分を通過したコーヒー液は更に上昇します。

 

6. 噴水のように湧きあがったコーヒーが抽出されてきます。

 

抽出が終わったかどうかは目視できないので、音の変化で判断し、火を止めてくださいね。アナログな?五感を駆使した感じで?抽出完了です!

直火式淹れたて3
つつーって、淹れてくれる。素朴な雰囲気がなんとも家庭的。

こんな感じで一気に抽出完了します。細かい技術は一切必要ありません。

 

火にかけて、沸騰したら空焚きになる前に止める。以上です。

 

出来上がったコーヒーは、しっかりビターで、お砂糖との相性も良く、午後のひとときにぴったりです。

 

気軽にエスプレッソを楽しむのに、とってもお勧めな理由がわかってもらえたら嬉しいです。

選べない!可愛いデザインがたくさんあるのも特徴です!

直火式イラスト4
デザインの豊富さが人気を物語っている気がします。

コンパクトで簡単なのに、美味しく淹れられる、直火式エスプレッソメーカー。気に入っていただけたでしょうか?

最後に、私がいいなあと思うもう一つの理由を書いておしまいにします。

 

それはデザインの豊富さです。

基本的には縦長のシルエットですが、可愛かったり、カッコよかったり、動物をイメージさせるような、色んなテイストが揃ってるんです。

日常生活に溶け込んでいるから、こんな豊富なんだなあって思います。

 

私はALESSI(アレッシイ)社のテーブルウエアが大好きで、このイラストの幾つかも『アレッシイの世界』という本(光琳社)を見ながら描きました。中でも、故アルド・ロッシさんのが一番好きです。

 

好きな器具で、美味しいコーヒーを淹れて、ホッとする時間を楽しむ。

 

この単純さが好きだし、きっとこれからも大事です。そんな時間を、共有できる人が増えたら嬉しいな〜。ってこの回を書いていて思いました。

 

今度は何を書こうかな。次回もお楽しみに〜。



カテゴリーでまとめ、件名を一覧表示しています。

ブログ掲載順に時系列で表示されます。