手作りマスク 縫ってみました。

こんにちは、イラストレーター の茶谷順子です。

 

昨日、一つのお仕事が完成したので、思い立って、マスクを縫ってみました。いろんな記事を目にするようになって、なんだかいいなあ。とずっと気になっていました。折るだけのマスクの方が簡単ですが、チクチクしたくてトライしました〜!

今日はそのレポートです。新聞に載っていた作り方を見ながらやってみましたよ。

ミシンがなくても大丈夫。

布は好みで日本手拭いにしてみました。これが成功したら、次はガーゼのタオルを使ってみようかと思います。

 

この頂き物の朱文字は内側になるので装着時には見えません。

 

久しぶりにチャコペンシルを使って、印をつけました。裁ち鋏を使うのも久々です。布地を切る感触が懐かしかったです。

 

 

プリーツ仕様の折り方もわかりやすく書いてくれてます。

 

そうですね。折り目をつけたり、逆に折りじわを伸ばすのにアイロンを使いました。

 

最近お裁縫といえば、スカートのホックを付けたくらいなので、何かを作るために必要なものって忘れていました。

 

作りながら、アレもいるな。とか、この縫い方じゃないな。と思い返しながら進めました。

 

嘘です。失敗してやり直しました。

でも、どうにか両端を縫い合わせ、ここにゴムを通して完成!というとこまでこぎつけました。

 

ミシンで作る前提で記事は書かれていましたが、手縫いでも特に問題なかったです。

 

でも、ゴム通しが大きくて通し穴を通らず、両端を一度解いて縫い直しました。プリーツ部分を縫っても問題なく開くのに、つい気にしてしまって、筒が小さくなっていたのです。

 

縫う前に考えたらわかりそうなものですが、いつもこんな感じです。やってみてから気づくの。自分のことなので特に腹も立たず、私は私のままだなあ。と妙に納得。

随所で失敗しても2時間で完成しました。

じゃ〜ん!

 

ちょこちょこ説明文を読み間違えながらやり直しましたが、無事に完成しました!縫い目が荒いのは、予想通りなので気にしてません。母に見られたら苦笑いされそうですが、どんまいです。

 

でも、試着したら、タンスにしまっていたので臭かったです。笑

 

なので、今は一度洗って干しています。ガード機能はないけど、プリーツも乱れないし、いい感じです。

 

市販のマスクのような機能はないけど、場所を選びながら使ってみようと思います!ああ、楽しかった。