無理せずに、でも時には笑顔で

年が明けて暫くして、コロナウィルスがだんだんと広がり、今は世界的に広まってしまっています。皆様、ご無事でお過ごしでしょうか。

 

幸い、私は今のところ生活に支障をきたすことはなく、本当にありがたいと思っています。衛生の基本を守りつつ、節度を守って消費活動をして過ごしています。皆様も、コロナに限らず、元気でいてほしいと切に願っています。

ありがとうございます。

人のいない川原で撮影。会えない皆様へのご挨拶のつもり。
人のいない川原で撮影。会えない皆様へのご挨拶のつもり。

こんな状況の中、医療やインフラ、販売の方々は最前線で体を張ってお仕事に従事してくださっていて、本当に感謝してもしきれません。

 

ほんとうにありがとうございます。体にはくれぐれも気をつけてください。気をつけようがない気もするのですが、可能な限り休んでください。

 

できることならいつでも手伝いに行きたい心境ですが、大人しく、静かに暮らしています。買い物をした時や、配送品を受け取る時は、距離感に気をつけつつ、お礼が多めになっています。

 

マスクも洗えますね。家に帰ってから、すぐ手洗いうがい。のついでに顔とマスクまで洗ってしまうので、座るまでに少し時間がかかっています。笑

 

今、私にできること、求められてることは、健康維持ですからね。それが今頑張ってくださっている皆様へのお返しです。

人それぞれのやり方で。

その他、今、しんどい方が増えているのも知っています。毎日、ニュースを見ては、大変さに気持ちがやられそうになります。私も予定している展示を開催すべきかどうか悩んでいます。

 

私の大好きな山内惠介さんもコンサートが中止になりました。

私はチケット取ってませんでしたが、ファンも主催側も悲しかっただろうなあ。けど、そうしないと皆が後悔する可能性が高いので、仕方ないことだったんですよね。

 

どうやって、元気でいれば良いのやら。どんな顔して笑えば良いのか忘れてしまいそうになります。

 

そんな時でもなぜか元気な人はいます。どうして元気でいられるのかな。

その方達も決して何も考えてないわけではありません。むしろ、リーダーポジションや忙しい方の方に多い印象です。彼らがしんどさを抱えながらも、どうやって良い気持ちを保てるのかが知りたい。と思いました。

大事なものを見つめる。

何故か元気(に見える人)は、情報に翻弄されないよう、気持ちをコントロールできるように感じます。

 

思い通りにいかない状況はいくらでもあります。なのに悠々としていられるのは何でなのかな。場数を踏んでいるというのも、強さの要因かな。

 

怖い対象=瞬間だけに目を向けるのではなく、自分の内側を見つめること。そこには自分の大事なもの、揺るぎないものがあるはず。

 

大事なものを守ろうという視点で、今の怖いものを見ていき、主語を変換して、柔軟に対応することが、状況を乗りこなしていけるコツなのかもしれません。ちょっと稚拙だけど、私は悠々と乗りこなせていないので、想像の域を超えません。

 

でも、きっと日々、目に見えないけれど、心を耕しておくのは、大事なことだと思います。耕す時の栄養や、咲かせたい夢、収穫を分かち合いたい仲間や大事な人を思いながら、今の状況も打開していきたいな。いや、打開するしかないですね。