· 

どんな絵が好かれるのかなんて分からない

丸顔の子をもうずーっと描いてます。

服を着せてないとか、髪がないとかで断られる事もしばしばありました。他の理由もあると思うけど。

でも、この子の感じが好きで、特に指定がない限り、このままで描いてました。

個人のお客さまも、この丸顔バージョンを頼んでくださる方も多いです。

似顔絵風を好まれる方と半々位。
意外でしたけど、嬉しいな。
ただ、丸顔でいいんですか?似顔絵風じゃなくて?って何回か確認しちゃうんですよね。
そうすると、これでいい。こっちが良いって言われるのです。
私はどちらも好きなので、偏らずにご希望を言ってもらえるのがとても嬉しいです。
楽しみ方や感じ方は人それぞれで、頼まれ方もそれぞれです。

何度も描きなおしたこともあるし、お任せします、どんなのができるか楽しみと言って、敢えて細かいことを言わない方もいます。

頭の中にイメージはあるけど、それを絵にするのは難しいですね。だから何度も何度も描き直した時、しんどかったけど、答えにたどり着いたときは嬉しかった。

お任せするねと言われた時は、本当に気に入ってもらえるか、完成を見せるのすごくドキドキしました。
心の中にあるイメージは、普段文章にもビジュアルにもなってないホワホワしたもの。

そのホワホワを形に変えて、目の前に描き出すのが楽しくもあり難しい時もある。

もっと、沢山描けるようになれば沢山の人の心にフィットする確率も上がりますね。どんな画材でどんな媒体に描いても、それが大切です。

そー言うのを、もっともっと頑張って、どっちのバージョンも同じくらい愛される絵を描けるようになりたいな。