豆本作りは気軽にチャレンジできるけど、後悔も多いです。

こんにちは。茶谷順子です。

 

 

つい先日、絵本が完成したので、お祝いにご飯を食べに行きました。そこでとっても嬉しいかわいいサプライズギフトをいただきました。

 

編集人のくぎみーさんが、手作りの豆本を用意してくれたのです!すごすぎる〜!私も寅さんもおお〜って言って、大喜びでした。

 

縦6.7センチ×横5センチの小さな小さな本。まさにこんな感じで驚きました。
縦6.7センチ×横5センチの小さな小さな本。まさにこんな感じで驚きました。

絵本が完成したとはいえ、電子書籍やAmazonの販売手続きで、何かとまだ色々忙しかったはずなのに、こんなの作ってきてくれるくぎみーさん、本当に素敵です。

 

ありがとうございます〜〜!大事にします!!

 

小さいからってお尻のポケットに入れて、そのまま座ったりとか絶対しません。

 

 

ちなみに私も、昔作ったことがあります。でも細かい処理がなかなかうまくいかず、二度とやりたくない。と思っております。まあ、私の場合自分の不器用さをすっかり忘れて無謀なチャレンジをしたのがいけないんですけどね。

 

 

もうやらないけど、写真だけ残っていたので、手順を見てみますか?そうしますか。さ〜っと見てみましょう!

とまあ、こんな感じです。ネットで調べて、すごく丁寧に書いてあるサイトを参考にしながら作りました。

 

結構な工程数ですよね。しかも小さい。私の場合は、切るより貼る方が大変でした。手先の器用な方、頑張ってみてください!

 

ちなみに内容は、簡単英語と、松之助の成長日記です。

まあ、豆本を作りたかったので
内容はなんでもよいのがバレバレですね。出来上がった時は嬉しかったけど、細部の歪みとか、紙の選び方とか、まだ全然でした。

 

でも、また作る気力はなかったのも事実です。だから、こんなに可愛いのを作ってきてくれて、本当に感激でした。

くぎみーさん本当にありがとうございます。大事にしますね。