熊本地震の時に描いたイラスト。祈ることと、募金の他に私ができたこと。

震災の方を思って描いたイラスト
来たよ。大丈夫ですか?

こんにちは、茶谷順子です。

 

私は個人的なイラスト作成も受けています。このイラストは、福ちゃんという女性が、依頼してくれました。熊本で震災に遭われた方への想いを込めたイラストです。

 

 

でも見返している今、「震災から〇〇か月」という言葉がどの震災なのかわからないほど、被災している地域が増えて、思わず気が滅入りますよね。

 

 

私自身は、住めないとか、避難生活をするほどの被害には遭ったことがありません。だから、この依頼をされた時、悩みました。

 

 

相手に寄り添うって、難しい。

 

 

わかったつもりになることが怖い。言葉にならない思いをどこまで想像できるのか。この絵が被害に遭った人に、どんな風に受け止められるのか、わかりません。

 

 

でも、描いて欲しいと言ってくれたことが嬉しかったです。

 

 

イラストの持つ力は、描いてる側より、見てる方の方が強く実感してるのかもしれないです。

 

 

私は大変な時に真っ先に橋や道路を治し、電気やガスをつないで、水や物資を運んでくれる人々を心から尊敬しています。でも、それだけではダメなんですよね。

 

 

美容師さんが訪ねてきてくれて綺麗にしてくれた時。被害を免れた植物が花を咲かせた時。そんな風に、心を明るくしてくれる存在が人には必要で、私の絵もそこに入れてもらえたことが本当に嬉しかったです。

 

 

 

心のインフラを整えられる絵を、この先も描いていこうと思います。