リーダーに贈る言葉3  制作日記その4「資料作り、習熟する」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。出来上がるまでを一緒に楽しんでもらいたいなあと思って、書き始めました。

岩田さんがFacebookで連載している「リーダーに贈る言葉」から厳選した22の言葉に、私がイラスト、デザインを担当します。プラス心強い進行管理の釘ちゃん。ほぼ不在の部長との4人でオフセット印刷と電子書籍化を目指しています。

 

前回は、今までの言葉を全部見直すための、リストアップまで終了しました。


自宅でエクセルを使っている自分に満足しております。
自宅でエクセルを使っている自分に満足しております。

こちらが、その1350くらいの言葉から絞り込んだ約60の言葉と解説です。(一応ぼかしました。)

 

ここから部長たちにも意見を聞いて、言葉を更に絞っていきました。全員「これはいいよね」というのも、自分が「これはいい!」と思ってたのをスルーされるのもあります。人によって、同じ言葉でも受ける印象はやっぱり違うんですね。

 

私はといえば、勤め先でエクセルを習熟したのが嬉しくて、必要以上に外枠や書体を整える方に気持ちを込めておりました。

 

 

そして、皆さんの意見を参考にもしながら、最終候補の言葉からラフを描き始めました。

 

 

資料の出来は誰からもコメントありませんでしたけど、満足してます。
資料の出来は誰からもコメントありませんでしたけど、満足してます。

 

 

ところで皆さん、表紙と中身、どっちを先に進めると思います?

 

その辺も、意見が違ってて面白いなあ、と感じました。どっちを先に進めたかは、次回か、その後書こうと思います。

習熟への道はまだまだ続きます。
習熟への道はまだまだ続きます。