エスプレッソってどうやって淹れるの? コーヒーファン向けイラストその1

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントとか、この機械はこうなんだよ。という、興味のない人にはどうでもいいことをどんどん描こうと思います。

 

好きな人はああ、わかるわ〜。って思ってくれたら嬉しいな!

 

あわよくば、憧れの柴田書店や食べ物系の人にも見てもらえますように!

エスプレッソマシンのホルダー。

兄弟のイラスト

最近、すっかり市民権を得た、エスプレッソ。私はラテにするのが好きです。

 

だいたいでっかい四角いエスプレッソマシンで淹れられてます。いつ見てもあの形状がかっこよくて、惚れ惚れします。

 

今回は、その機械に取り付けたり、外したりしてるあのホルダーを描きました。

 

イマイチわかんないなあって、自分で使うまではいつも思っていました。

 

なので、説明しま〜す。今日はホルダーの使われ方だけです!

 

  • ホルダーの中には、極細挽きにしたコーヒー(大体14g)を入れます。

  • ぎゅっと力を込めて均一に詰めます。そのあと機械にぴったり装着します。

  • そして機械から一気に圧をかけてお湯を出します。粉の入ったホルダーを通って、エスプレッソが抽出されます。お湯の量は大抵あらかじめ設定してあります。

  • エスプレッソは左右に分かれた抽出口から均一に出てきます。2杯取りのほかに1杯取りのタイプもあります。
  • お湯も均一に流れるよう、機械側にシャワーヘッドのようなメッシュの穴が空いたスクリーンが取り付けられてます。

 

これで、美味しいエスプレッソが抽出されます!万歳!飲みたい!!

 

でも…、その前に、粉の粗さ、分量、詰め方、お湯の温度、が適正じゃないと全然美味しくないんです。こわいですね〜。

 

このホルダーに詰める前の、粗さや分量をどうやって決めてるかを次は描こうかな!

 

興味のない人にはつまんない。私は楽しい。コーヒーイラストの第1回目でした〜。

 

でも、これでもわかりにくいかな?もし何か気になった方はコメントをください。

 

コーヒーのお好きな方々、読んでいただき、どうもありがとうございます。