文章も、書いてます。

イラストレーターなのに、文章を書くのって、最初は必要だと思えなかったです。

でも、私がどんな人か知ってもらうことも大事ですね。今は、こんな人だからこんな絵なんだな、と思ってもらいたくて文章も書いてます。

リーダーに贈る言葉3  制作日記その16「リーダーって限定しちゃったのがもったいないんじゃないか」

 こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」はネット注文のお客様と私が直接やり取りするので、ご感想を聞かせていただけるのがとっても嬉しいです。

 

絵本を眺めた後、こんな気持ちになってくれたんだなあと思うと、すごく嬉しくなります。

 

いただいたご感想を紹介させていただきます。掲載の許可、ありがとうございました。

全ての人の心に届く本だと思いました。

打ち上げイラスト
感想の主も宇宙好き。このページが一番気に入ってくれたと思っています。

 

リーダーの本、読ませていただきました!挿し絵マッチしてますね〜。

 

内容も素晴らしくて、リーダーって限定しちゃったのがもったいないんじゃないか、という印象です。

 

すべての人の心に届く本だと思いました。

 

実は、同じように購入時に「リーダー」という言葉が引っかかった、という方も数名いらっしゃいました。

 

岩田さんが大事に続けてる連載なので、タイトルの変更は難しいですが、ポジションなど関係ない本です。そこが伝わったことが嬉しかったです。

 

ありがとうございます!

 

このご感想を下さったのは、私の数少ない宇宙友達のひさまるちゃんです。彼女の作品「ぼくがHTVです」の写真もお礼に載せておきます!

内容紹介ページはこちらからどうぞ。

人の繋がりを感じさせる本ですね。

これ以上世の中の役にたつことって、簡単には思い浮かびません!
これ以上世の中の役にたつことって、簡単には思い浮かびません!

 この本は、数ヶ所イメージモデルがいると書きました。幾つかの言葉は「ああ、これはまるであの人のことを言ってるみたいだな」と思いながら描いたのです。

 

そしたら不思議なことに、同じような感想をいただきました。

 

読みながらあの人のことかな?あの人に贈りたいな。 そういう人の繋がりを感じさせる本ですね。

 

シンプルな暖かい絵にほっこりします。

ほっとしたいときに手にできるよう、オフィスの机に置いてます。

 

ありがとうございます。心で感じ、大事な人へも想いを馳せてしまえるって、嬉しいな。くれぐれもホッとしすぎて、お仕事に戻れなくならないようご注意ください!

そして、こちらがイラストのモデルにさせていただいた、お店のご夫妻と超常連さん。モデルにしたことも、一緒に喜んでくださって嬉しかったです。

 

しかも、後日お店のブログでもご紹介いただき、感無量でした。ちょっとよく書きすぎですけどね。笑

その時のお店のブログはこちらからどうぞ。

 

嬉しいご感想、本当にありがとうございました!ただ、見るたびに甘いものが食べたくなっちゃうというのが悩ましいとこですね。

 

絵本のご購入はこちらからどうぞ。

絵本と表紙原画
絵本と原画。モデルになるならどっちがいいかな。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その15「モデルになるのはどんな気分かな」

 こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」。販売を開始してからおよそ2ヶ月。ネットショップ、メールやメッセンジャーでもご注文いただき、嬉しいです。ありがとうございます。

絵本と表紙原画
絵本と原画です。

モデルになるのはどんな気分かな。

実は表紙の絵にもモデルがいます。(正確には2名の方の要素が合わさってます)先日、やっとその方にもお渡しできてとても嬉しかったです。お一人には電話だけでしたがお話できて、超満足です。

 

お渡ししたら「こんなリーダーは嫌だ!だろ?」と言われました。そんなことないです!見守ってくれてる優しいとこを描いたんですよ。

 

あとから読むって言い張ってたけど、ちゃんと読んでくれたかなあ。

 

打ち上げイラスト
ロケットの絵もあります。H-2AとH-2Bどっちにするかで悩みました。

描いてるのは、好きな人の好きなとこ。素敵なところ。

ちなみに本の中では更に色んな人をモデルにしています。

 

会えた方には伝えていますがモデルになるのはどんな気分なのかな?嬉しいのかな。恥ずかしいのかな。鬱陶しいのかな?

 

でも、私は好きな人の素敵だなと思うところを描いています。

 

もし、あなたが私に描かれていたらそんな風に捉えていただけたら幸いです。

 

イメージだったり、そのままズバリだったり、まちまちですが、ここでも色んな形で皆さんに助けていただきました。ありがとうございました!

 

 

 

絵本のご購入はこちらからどうぞ。





リーダーに贈る言葉3  制作日記その16「感想はどこへ行くのかな」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」にまつわることがらを書いています。

 

通信販売では、お返事や感想もたくさん頂けて、とても嬉しいです。

 

嬉しすぎたので、一部を紹介させていただきます。


気持ちが詰まっている絵だと感じました。

本当に絵がイキイキしていてすてきです!

 

色も綺麗で、やさしい中にもなんか本当頼もしさも感じる、順子さんの気持ちが詰まっている絵だと感じました。

この歳になっても大きく頷く本でして、大変新鮮な気持ちになりますね!

 

息子も会社で、仲間と読んでるみたいです。

サザエ姉さんの想いも届いたようです。

レモンの言葉と絵に、一番勇気づけられました。

レモネードにする努力をしていきたいと思います!

私も美味しいレモネードを作り続ける、レモネードリーダーになりたいな。

この、レモンの絵人気です。最初に候補を絞る段階で「これもいいよね〜」と一緒に選んでくれたサザエ姉さんもきっと喜んでると思います。

感想の行方を知ってますか?

でも、なぜ人はわざわざ感想や想いを作者に伝えるんでしょう。

 

面白かったと、それで終わりにできない。胸がいっぱいになったとメールをくれる。

 

このページが特に良かった。あのページは自分のことのようで驚いた。朝礼で話してみた。友達に送った反応が楽しみ!たまに前のも読み返すんですよ。あのイラスト、本当にホッとするんです。

 

勝手にそう思って、自分の暮らしに活かせばいい。ニコニコ気分になって、周りの人と楽しい時間を増やしてもらえたらそれでいいのに、わざわざ時間をかけて、想いを届けてくれる。お金を払って買ってるのに。

 

その気持ちが、とっても嬉しいです。単純だけど感動します。

 

感想は、口コミに使えるとも言われます。でも、それよりもっと根源的な効きめがあります。私に届いた感想は形を変えて、そのうち更に面白い絵になって、また皆さんの前に出てくると思います!だからこれからも、お楽しみにしててくださいね。

 

本当にありがとうございます!

 

絵本はこちらのページからご購入いただけます。

毎日発送してま〜す。ノリが切れたので買いに行かないと。
毎日発送してま〜す。ノリが切れたので買いに行かないと。




豆本作りは気軽にチャレンジできるけど、後悔も多いです。

こんにちは。茶谷順子です。

 

 

つい先日、絵本が完成したので、お祝いにご飯を食べに行きました。そこでとっても嬉しいかわいいサプライズギフトをいただきました。

 

編集人のくぎみーさんが、手作りの豆本を用意してくれたのです!すごすぎる〜!私も寅さんもおお〜って言って、大喜びでした。

 

縦6.7センチ×横5センチの小さな小さな本。まさにこんな感じで驚きました。
縦6.7センチ×横5センチの小さな小さな本。まさにこんな感じで驚きました。

絵本が完成したとはいえ、電子書籍やAmazonの販売手続きで、何かとまだ色々忙しかったはずなのに、こんなの作ってきてくれるくぎみーさん、本当に素敵です。

 

ありがとうございます〜〜!大事にします!!

 

小さいからってお尻のポケットに入れて、そのまま座ったりとか絶対しません。

 

 

ちなみに私も、昔作ったことがあります。でも細かい処理がなかなかうまくいかず、二度とやりたくない。と思っております。まあ、私の場合自分の不器用さをすっかり忘れて無謀なチャレンジをしたのがいけないんですけどね。

 

 

もうやらないけど、写真だけ残っていたので、手順を見てみますか?そうしますか。さ〜っと見てみましょう!

とまあ、こんな感じです。ネットで調べて、すごく丁寧に書いてあるサイトを参考にしながら作りました。

 

結構な工程数ですよね。しかも小さい。私の場合は、切るより貼る方が大変でした。手先の器用な方、頑張ってみてください!

 

ちなみに内容は、簡単英語と、松之助の成長日記です。

まあ、豆本を作りたかったので
内容はなんでもよいのがバレバレですね。出来上がった時は嬉しかったけど、細部の歪みとか、紙の選び方とか、まだ全然でした。

 

でも、また作る気力はなかったのも事実です。だから、こんなに可愛いのを作ってきてくれて、本当に感激でした。

くぎみーさん本当にありがとうございます。大事にしますね。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その14「きっと伝わっちゃう。つながっちゃう。」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

 

絵本は無事に完成し、このHP内のネットショップからも買えるようになってます!届きましたよ〜って、おしらせのメールをいただき、ほっとしております。

 

さらに今日は、お手紙&オマケのシールまでいただきました。

 

見た瞬間、力抜けるほど可愛いイラスト、嬉しかったです。ありがとうございます〜〜!

 

イラストと手書きの持つパワー

このお手紙の送り主さんとは、知り合ってまだ1年経ってないんです。でもさ、このなんとも言えない可愛い絵と文字を見ていたら、距離感がぐっと近くなった気がします。

 

お金ないのに、「行かなしゃあないな、しかし。」とうっかり言いそうになります。

 

そんでこの可愛いシールをどこかに早く使いたくて、この方からのメッセージに貼ってみました。

可愛いイラストとメッセージの向こうに笑顔が浮かんできます。

黄色の紙に短い言葉とQちゃん。

忙しい中のお返事に添えてくれたメッセージです。そこにいただいたシールをペタッと。今、目の前で見ながら入力してます。思わずにやけます。

 

こうしてみると、岩田さんと、お手紙の人が繋がってるみたいで面白いです。絵本とかソフトクリームとかいろんなものの向こうにいる、相手の笑顔が浮かんできて楽しいです。

 

通信販売やってよかったなあ。眠いけど、嬉しいな。

 

まだまだ絵本の在庫はたくさんあります〜!

こちらからご注文いただけます。

 

レモネード、ホットが美味しい季節になりつつありますね〜。
レモネード、ホットが美味しい季節になりつつありますね〜。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その13「ポチっと押したらどんな風に送られてくるの?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

 

絵本は無事に完成し、すぐにこのHP内のネットショップからも買えるようになりました!ネットでお買い物をほとんどしない女性でも簡単に注文できたらしいです。M子さんありがとうございます^^

 

 

安心して、じゃんじゃん買ってくださいね!

 

ということは、完成したからもうこの日記も終わりかな?

 


でも、まだ販売直後で誰も読んでないのに終わるって変ですよね。

 

 

出来上がった絵本、どんな風に注文者さんのところへ届くのかも書きます。

アナログにも、ほどがある。

注文が入ると、注文サイトから管理者である私にメールでお知らせがきます。

 

 

そこで内容を確認し、封入作業をします。私が段ボールから出して検品をし、注文ごとに、納品書と袋詰めと、住所書き、封を糊で閉めます。

 

 

内容はよくても、輸送上の痛みがないとは限らないので要注意です。無事を確認したら明日の朝、郵便局(小さな町の郵便局、土曜は大きな郵便局)で計量してもらって、発送します。

 

 

地味すぎます!!!!!ご想像の通り、時々住所や、納品書を書き間違えてため息が出ます。

でもその手間隙が、とっても楽しいんです。

もちろん、PCで定型文を作って、宛名だけを入れ替えた方が手間はずっと省けます。Excelにも習熟してますからね!

 

 

でもいちいち書きたいんです。うざいお礼状。

 

 

頼んでくれた人は、知ってる人が大半です。だからお礼を書きながら半分くらい関係ないことを書いてしまいます。

 

 

もらう側はいらないかもしれない。書く私も実はちょっと眠い。

 

 

でもでも、書きたいんです。ものがあふれてる時代に、わざわざ頼んでくれたと思うと、嬉しくて書かずにいられません。しかも書いてるうちに色々思い出して大事なお礼の部分が少なかったり。。。

 

 

こうやって、ポチッと押した後は、超アナログな感じであなたの元へ届いていま〜す!他の商品の販促を書くスペースは残らない、純正のお礼状付きです♪

 

 

絵本の購入はこちらからどうぞ。ショップページにリンクします。

左、表裏間違えて印刷してしまった。。。
左、表裏間違えて印刷してしまった。。。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その12「中身もちょっと見てみますか?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

絵本は完成しました。ありがとうございます。ついさっき、ここのネットショップからも買えるようになりました!

 

でもどんな中身なのよ?

全然わからずに買うなんて、普通しないでしょー。

 

そうでした〜!もったいぶってなのか、単に追いついてないのか(確実に後者)、肝心なお知らせをしておりませんでした。中身はこんな可愛いくて美味しそうなイラストと、心に響く言葉で構成されています。

 

この、他にも美味しそうではないけど、いろんな場面のイラストを描いています。数字だらけの資料や、情報だらけのスマホを眺める気分になれない時に、ゆっくりゆっくり眺めるような感覚で、見てください。

 

きっと少し口元が緩んで元気になって、優しくなれます。

こんな風に、私たちの絵本が楽しいのは、もう一つ理由があるかもって思いました。

私たちの絵本が楽しそうなのは、助っ人編集人のおかげ!

この絵本シリーズは正直、岩田さんや板東先生が断然目立つけど、制作現場では、助っ人編集人がいてくれたことが大きな支えでした。

 

もし、絵本を全部お持ちの方がいたら分かりますが、助っ人編集人は毎回違う人なんです。なのに彼女たちは示し合わせたように、皆明るく、面白く、かつ冷静なのに大胆だったり、たまに抜けてて、一緒にいてとても楽しい空気を作ってくれます。

 

 

奥ゆかしい皆さんは、決して画面に出てくることはないのですが、絵本を見ていると彼女たちの笑顔が浮かびます。

 

本からいろんな人の顔が浮かぶって、面白いし、幸せだなぁと思います。

 

その空気感がすかすかに見える余白に詰まってるんです〜!

 

完成を歴代の助っ人さんに伝えようっと。あ、買ってもらおうとしてるわけじゃないですよ。念のため。

 

絵本の購入はこちらからどうぞ。ショップページにリンクします。





リーダーに贈る言葉3  制作日記その11「紙 or 電子書籍?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

女性の方には紙の絵本がいいと言われました。手にとって、わぁ〜ってなりたいですよねと。私もそう思う方です。めくったり、画面で見るのとはまた違う感触で楽しみたいです。

 

一方で、男性には電子書籍作らないの?と聞かれました。最初はえ〜、って思ったけど、数人に言われたので、傾向として男性には電子書籍の方がいいのかなと、感じました。Suicaとか、メカとかも好きなのは断然男性ですし。

 

あとはまあ、荷物も多くなっちゃうし、すぐ手にはいるから、その方が便利なんですよね。合理的ですね。でも手触りも大事にしたい〜!迷ったら両方買いましょう。

 

両方とも同じ本なので、お好みの方法で読んでもらえたらそれでいいです。でも、近くにいる大事な人にはやっぱり手渡ししに行きたいと、思ってしまいました。





リーダーに贈る言葉3  制作日記その10「仕上がりはこんな感じです〜!」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

忘れっぽい私にちょうどいいタイミングで、本が完成しました。助かるなあ。

 

表紙はこれで作成しました。予想と当たっていたでしょうか?

 

緑も深みがあるのに濃すぎず、タイトルがちゃんと読めていい感じです!うん。


検品できても修正不可能。だけど目を皿のようにしてチェック。

ひとまずこうして、形になって届いたら、まずはちゃんと印刷できてるかをチェックします。

 

何回も確認したけどやっぱり不安です。もう完成してるので、間違い発覚しても今更どうにもできないんですが、恐る恐る開き、読み進めます。

 

本当にドキドキです。これが皆さんの元に届くのだし、部員の皆さんの顔も浮かぶし。失敗してたら寅さんからきっと鉄拳制裁並みのお仕置きくるし。

 

確認したら無事でした!よかった〜〜〜。


レイアウトで、もう少しこうすればよかったなあと、思う点はやはり幾つか出てきたけれど、文字の間違いや画像の入れ間違え、読めないなどの致命的なものはありませんでした!まだまだ習熟が足りてませんが、まあよしとします。

もう一度旅立っていく絵本たち。

こんな感じで段ボールに詰め込まれて届いた絵本たち。端数の数冊が開けた瞬間に見えて毎度のことながら感動します。でもまだうちも中継地点なんですよね。

 

読んでもらえる方のところへ旅立って、笑顔になってもらうのがこの絵本の役割です。

 

今回は電子書籍と紙の絵本の2パターンあります。その両方で、少しでも多くの方に笑顔をお届けできますように。

 

コーヒーでも飲みながら、ゆっくり読んでくださいね。もうすぐ販売を開始します。





リーダーに贈る言葉3  制作日記その9「決めごとは民主主義とフィーリング♪」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

最初に表紙の絵を描き、デザインを幾つか考えました。そうだ、クイズにしてましたね!忘れてたわけではないですよ。皆、表紙があると気分が盛り上がるらしいです。

 

形から入るタイプですね!

 

デザイン事務所にいた時は、中身が先で、最後に表紙を作っていたので意外でした。


作る側と見る側、意見が合わないこともあります。

デザインと言ってもご覧の通り、そんなに大差ありません。シリーズもので使う書体は決まってるので、配置や色をどうするか程度です。

 

だから余計意見が合わないんですよね〜。個人的にはこれだろう!と心の中で思っているのがあっても、幾つか候補を作って皆に聞いてみます。

 

公平&透明性のある現場。素晴らしいですね!

 

すると「え?これがいいの?」と思うのを推されることもよくあります。

 

実は、皆に見せる前に家族に聞いたら意見全然違いました。デザイン事務所時代、数合わせ的に気軽に作った案が通ってしまった時もあり、なんとも気まずい空気になったこともあります。

最後は民主主義とフィーリングで決まります。

そして皆に聞いてみたら、私の思惑とは違うものがいいと言われました。

 

え〜!そうなの?って思うんですけど、こっちの気になるとこを再度確認しても「別に気にならないよ」「それでいいと思うよ!」と言われ、可決されました。

 

迷いがちな私ですが、皆に投げたらどんどん決まっていきます。意思決定が早いのはさすがリーダーだわ!と思います。

 

ただ、基準はフィーリングです。

 

でも、作成者の細かいこだわりには気を使わないって大事ですよね。自分だと思い入れが強くなりすぎて、冷静に判断できなかったりもするし。

 

というわけで、制作時間に反比例して表紙は決まりました。どれになったかは、仕上がりを見てご確認くださいね〜。





リーダーに贈る言葉3  制作日記その8「イラストはどんな紙に描いてるの?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

イラストと大まかなレイアウトが完成し、順番をどうしようかな〜。と並べてみたところです。完成前なのでぼかしときます。

 

広くて綺麗な部屋ですね!

 

「え?順番なんて考えてるの?どういう順番でも一緒なんじゃないの?」

 

とある人に言われた時は、心が折れそうになりましたが……。毎回考えてます!

 

あ、でも、気づかれないほど、さりげないってことですかね。そういうことですね。


どんな紙に描いてるんですか?

昔は、マーメイド紙という、ちょっとボコボコした面の紙に描いてました。

 

紙のさわり心地もいいし、色合いも優しくて、好きです。そして、画材屋さんで紙を選んでる自分がなんとなくかっこいいような気がしてました。今でも、時々使います。

 

でも、最近はずっとこのスケッチブック仕様になった画用紙に描いています。

便利なんですよ〜!1冊で70枚、50枚とサイズによって差はありますが沢山使う私にはピッタリです。

 

絵本にはイラストが25点。だから1冊あれば充分。

 

と言いたいとこなんですが。。。

 

私は気に入った線が描けるまで、何度も描き直すので、このスケッチブックを、今回はたぶんですけど、4、5冊使いました。

 

もったいな〜い!下描きすればいいのに!

 

そう思いますよね。

 

私もそう思います。何度もそれを試みてきました。

線や形じゃなくて、「あの人の気持ち」になるように描く。

でも、うまく描けなかったんです。

 

背景のような静物はまだしも、人間の線は、なぞるだけではどうにもぎこちない、ただの線やただの丸にしかならなかったんです。

 

あの線にいろ〜んな気持ちを込めて載せて、描いているんだなと、思っています。

 

 

だから、どんなにもったいなくても、直接描いています。テキトーと言われている私の、数少ないこだわりです。

 

もちろん、1回で思うように描けるときもあるんですよ!それが理想です。

 

上のイラストみたいに、気軽に描けばいいのに、本番!って思うとどこかで力が入っちゃうんです。もっともっと自由に描けるようになりたいなあ。

 

そんな感じで、実は沢山の紙を費やして描かれた簡単イラストのお話でした。

 

本になった時はすっかり忘れてお楽しみくださいね!

 

描き損じの紙は可能な限り余白を使って練習やスケッチに活用してます♪





リーダーに贈る言葉3  制作日記その7「電子書籍も進めよう!でもEPUBって何?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

実は、つい最近、放浪の旅に出ていた部長が不意に出現しました。

 

まるで寅さんですね。

 

何を食べながら話すか、というのも大事な議題でした。

イーパブと部長に翻弄される。

絵本作り。今回は電子書籍化が初の試み。新しいことに挑戦するのが苦手な私は、なるべく逃げたがります。個人で仕事をするのに致命的な性格。

 

 

なので、くぎみーと、部長代理の私は、ここぞとばかりに「電子書籍、調べたけど難しいです!できなさそう、やめましょう!」と訴えてみました。

 

 

部長のお返事は。「え〜、やだ!作りたい!(満面の笑み付き)」でした。

 

 

新しいもの好きだなあ、もう本当に!とはいえ、私は変化に臆病な性格なので、部長の決断力に助けられる方が多いです。でも、本当は自分からこういうの提案したいな〜。

 

 

というわけで、紙の方も進行中ですが、合間を縫って電子書籍の作り方を模索しつつ進めています。

 

 

イーパブ(EPUB)はその保存形式の中でメジャーな形式なんですね。技術の進歩についてけてません。PDFあたりで止まってます。勉強になる!

 

 

でも、知らないことを調べながら進めるって、不安ですね。やっぱり誰かとタイムリーに確認できると心強いな〜と思う、初秋の夜でした。

 

 

ちなみに、今私、寿司断ち中です。完成したらたらふく食べることをモチベーションにして、頑張ります〜!





リーダーに贈る言葉3  制作日記その6「イラストはどんな画材で描いてるの?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。今日からいよいよ本書きです。その最初にすることは。

 

机の上のスペースの確保です!視界が広いだけで集中できる気がします。

 

Macは電源を抜いて、机から撤去。見た目に反して重いので、移動の時に落っことさないように注意します。昔のタイプだったら無理ですね。

 


ほぼ毎回「何で描いてるの?クレヨン?」と聞かれます。

 

微妙に違うこの「ゲルマーカー」で描いてます。溶けかけのチョコレートのような滑らかな描き心地と、キレイな発色がとっても気持ちいいです。

  

子供が使うことが多いみたいですけど、大人の私もずっと愛用してます。

 

クレヨンみたいですが、繰り出し式で、芯も取り替えられるのでとっても気に入っております。

これも実は、だいぶ費やしました。
これも実は、だいぶ費やしました。

気に入る線が描けるまで、習字のように何度も描き直します。

 

用意していた紙一冊が一気になくなったり、替え芯を1本丸々使い切ってしまうこともあります。ダメにした紙の量を見るとさすがに凹みます。

 

でも、気に入ってないまま形だけ仕上げても、伝わり方が変わると思うんです。

 

なので、凹んでいる場合ではなく、納得いくまで描き進めます。ちょっと、こだわってる感じ、伝わりました?

 

そんなこんなで完成した他の方からは違いのわからない同じような候補から選んだり、すんなり描けたものもありで、下絵が出来てきます!

 

次回は、ここに、色や下地をつけていきます。わ〜い、ワクワクしますね。

どれも同じに見えますが、ほんの少しずつ、違うんです〜。
どれも同じに見えますが、ほんの少しずつ、違うんです〜。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その5「イラストはどう描き進めるの?」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。

 

 

ラフを描き始めました。選んだ言葉から思い浮かぶままに、ばあ〜っと大まかなイメージを書き残します。


あんまり細かいところまでは考えずにとにかく描きます。

 

いろいろ考えると手が止まるので、ひらめきを、まずは素直に出すことにしてます。

 

私がラフの時に使うのは、このクロッキー帳、柔らかめの鉛筆、小さな消しゴムの3点セット。ここに、どんどん描いて、めくって、消して描いてを繰り返します。楽しいな!

 

くだらない発想でも、難しそうでも、描いてみないとわかんないです。ストレートな方が伝わることも多いし、説明っぽくてどうもダメだな。とか、もやもやしてたのに共感度高かったり。ラフを考えるのは、面白いです。

 

余談ですけど、鉛筆ですらすら書く感覚、本当に気持ちいいです。皆さんもアイデア出しの時はこれ、オススメです!

短い鉛筆と小さな消しゴム。小さくて細かく消せて、気に入ってます。
短い鉛筆と小さな消しゴム。小さくて細かく消せて、気に入ってます。

 自分で選んだ言葉なのに、絵が浮かんでたものも、言葉にひたすら感銘を受けたもの、それぞれ違ってて、ラフの出方も違います。

 

岩田さんは、細かいことを気にせず、ほぼオッケーをくれるので、こちらものびのび自由に発想できます。

 

さすが、ついていきたいリーダー!です(^ ^)

 

そのおかげで、1つの言葉に、3つの視点がある絵本になります。そこがこの本のいいとこなんですよ〜。(部長の受け売り)

このラフをお披露目するの、ちょっと恥ずかしいです。
このラフをお披露目するの、ちょっと恥ずかしいです。

そして、クロッキー帳をバンバン使って、ラフが完成したら、ラフなまんま、部長たちに確認してもらいました。

 

ラフは、絵が踊ってるみたいな、感情の赴くままに表現できてるとこが好きです。

 

説明が必要なほどラフなのもあって、なかなか笑えますが、製作中なので内緒なのが残念。


この雰囲気を保ったまま、バージョンアップさせて、色をつけられるかな!いつもドキドキです。

 

次回は、そんな感じで、色つけです。表紙と本文、どっちを先にしようかな〜。




0 コメント

リーダーに贈る言葉3  制作日記その4「資料作り、習熟する」

こんにちは。茶谷順子です。

 

自主制作の絵本「リーダーに贈る言葉 3」ができるまでの日々を書いています。出来上がるまでを一緒に楽しんでもらいたいなあと思って、書き始めました。

岩田さんがFacebookで連載している「リーダーに贈る言葉」から厳選した22の言葉に、私がイラスト、デザインを担当します。プラス心強い進行管理の釘ちゃん。ほぼ不在の部長との4人でオフセット印刷と電子書籍化を目指しています。

 

前回は、今までの言葉を全部見直すための、リストアップまで終了しました。


自宅でエクセルを使っている自分に満足しております。
自宅でエクセルを使っている自分に満足しております。

こちらが、その1350くらいの言葉から絞り込んだ約60の言葉と解説です。(一応ぼかしました。)

 

ここから部長たちにも意見を聞いて、言葉を更に絞っていきました。全員「これはいいよね」というのも、自分が「これはいい!」と思ってたのをスルーされるのもあります。人によって、同じ言葉でも受ける印象はやっぱり違うんですね。

 

私はといえば、勤め先でエクセルを習熟したのが嬉しくて、必要以上に外枠や書体を整える方に気持ちを込めておりました。

 

 

そして、皆さんの意見を参考にもしながら、最終候補の言葉からラフを描き始めました。

 

 

資料の出来は誰からもコメントありませんでしたけど、満足してます。
資料の出来は誰からもコメントありませんでしたけど、満足してます。

 

 

ところで皆さん、表紙と中身、どっちを先に進めると思います?

 

その辺も、意見が違ってて面白いなあ、と感じました。どっちを先に進めたかは、次回か、その後書こうと思います。

習熟への道はまだまだ続きます。
習熟への道はまだまだ続きます。




リーダーに贈る言葉3  制作日記その3「1350の言葉を読んでみる」

ケーキ屋さんの短冊でも、お願いしました。
ケーキ屋さんの短冊でも、お願いしました。

こんにちは!茶谷順子です。

 

「リーダーに贈る言葉 3」という、自主制作絵本づくりをどう盛り上げていこうかしらと、ずっと考えています。この後も、ずっと考えながら続いてくと思います。

 

ゴールは、「友人や知人にも読ませたい。と言ってもらえる絵本にすること」です。

 

岩田さんと私の本なら読んで見たい。元気になれそう、と思ってもらえる人を前回以上に増やしたいとも、思いました。

 

そうなるには??どうすればいいのかなあ。宣伝ばかりしてたら、元々の友人だってうんざりしてくるだろう。

 

 でも、私が一番読んでもらいたいのは、やっぱり顔のわかる友人や、その周りの人たちです。だから、宣伝ではなくて、一緒に楽しんでもらえるようなことができないかなあ。。。

 

と考えて、完成までの制作風景をイラストで紹介していくことにしました。でも、まだ作成も同時進行なので、イラストは、ザーッと描いた感じのが多いと思います。

 

え?いつもと変わらない? そうですか。 まあ、それならそれでいいんですけど。

 

こ恥ずかしい部分もありますが、その辺は、「あら〜、そういう感じ?」とか、あるあると思っていただきながら、お楽しみいただければ幸いです。

 

ということで。

 

 


まずは、すべての言葉を読み返すところから始めました。

 

岩田さんの「リーダーに贈る言葉」はFacebookで2012年頃から日々投稿されていて、すでに1380回を超えてます。

 

その全てに目を通し、これにしよう!と思う言葉を決めていきます。

 

岩田さんのHPにまとめられているのですが、全部を見てわかりやすいようにリスト化するのが結構(かなり)大変。

 

ネット上でバーって見て決めてもいいのかもしれません。でも、やっぱりきちんと読んで選びたいじゃないですか。

 

 

ただ、意思とは裏腹に、10分もしないうちに目が、漢字の三のようになります。

 

以前作成した時は見すぎてロックかけられたのですが、今回はどうにか免れました。

 

そして続けること数日。無事に全部見終えました。この時は、まだ言葉選びはできてません。

 

この次は、その中からどの言葉にするか選びます。疲れますけど、この最初の段階も結構好きです。

 

次回はここから絞り込んでいきま〜す。

 

こんな感じで書いてくので、見守ってくださったら嬉しいです!




0 コメント

リーダーに贈る言葉3  制作日記その2「部長からの伝言」

こんにちは!茶谷順子です。

 

最近は、ビジネス絵本「リーダーに贈る言葉 3」の制作を中心に過ごしています。

 

この写真は、第1回目の作戦会議の時のもの。

 

今回は皆が勢揃いする機会が少なく、写真もないですが、材料はほぼ揃ってきました。これから皆にイラストを見てもらう予定です。

 

今回は初の試み、電子書籍が無事にできるかが大きな課題です。

ちなみに、いつも広報活動をしてくれてた部長は今回お忙しく、ほぼ不在。

 

「茶谷さん、釘ちゃん(進行管理さんのあだ名です!)頑張ってね。ワイワイやって、すごい成果出すの楽しみにしてるね!」

 

と笑顔でプレッシャーを与えて、放浪の旅に出て行きました。

 

そう言われると広報の苦手な私がすぐに、どうしようって困りきってしまうのも、見越した上で言い放ち、旅立つ部長。さすがです。

 

でもやっぱり今までより大勢の人が見て、癒されて欲しいなあ。だって、いい言葉と絵は力があると思うのです。

 

だから、もし、岩田さんってどんな人かな? イラストもなんだか可愛いな、と思ってもらえたら、この情報をシェアしてもらえたら嬉しいです。

 


理想の成果は「贈った相手の顔が全部わかること。その方達がまた友人にも贈りたくなること」かな。と今は思っています。数だけ増えればいいとは思ってないので、無理しないでくださいね。

続きま〜す。





「リーダーに贈る言葉 3」を作ります。

おはようございます。 茶谷順子です。

 

昨日から松兄たちとの絵本「リーダーに贈る言葉 3」の制作が本格的に始まりました!

 

松兄の本名は、「岩田 松雄」さんです。(勝手にあだ名で呼んでしまいました!)

 

松兄がFacebookで毎日連載中の「リーダーに贈る言葉」は、偉人の言葉を独自の視点で解説しています。

 

超人気シリーズで、開始からすでに1370回超。厳しい言葉、優しい言葉いろんな視点で読む人を元気にしてくれています。

 

絵本はそこから(勝手に)厳選した20数点の言葉にイラストをつけて、絵本にしちゃう。と言う企画です。

 

実は過去にも2冊出していて、今回は3冊目。秋の完成予定です。

いい言葉とイラストって、やっぱり元気になれます。いいものにするので、ぜひ完成したら読んでくださいませ。

 

ただ、一つだけ問題が。

 

今回は、主要メンバーの部長が放浪の旅に出ているので、私が必然的に広報活動も行うことになりました!

 

私、頑張りますので応援、励まし、冷やかし、知りたいことなどのメッセージお待ちしております。

 

こっそり作って在庫抱えておしまい、と言う事にならないよう、完成までを一緒に楽しんでいただければ嬉しいです!

 

どうぞよろしくお願いしま〜〜〜〜〜す!

今回の表紙は深めの緑。リーダー、いつから見てたの!?
今回の表紙は深めの緑。リーダー、いつから見てたの!?



「働くあなたに贈ることば」完成しました。

ビジネス絵本「働くあなたに贈ることば」坂東眞理子先生の著書から言葉を選んで作成した絵本が完成しました!3月下旬にお届けに上がってまいりました!


年度末は超多忙なのに、お時間を割いてお会いしてくれた事に感謝です。関わった皆さんと、完成品を共に眺めることができて、やっと完成したんだなと実感できました。先生はサービス精神も旺盛で写真も撮影して下さってサインまで戴けました!下の方にこっそり他の皆様のサインもしてもらったので、本当に宝物です。

 

桜の季節、これから新出発の方に是非読んでいただきたい絵本です。


ビジネス絵本「リーダーに贈る言葉 2」出版記念パーティーと動画

3/29に無事出版パーティーが終了しました。その様子をYou Tube にUPしてもらいました。関係者の皆様、何度言っても足らないけどありがとうございます。(今回はこれもチャレンジしたかったのです。)



こんなに沢山の方に楽しんで頂けた事、沢山の方の協力で完成した事を忘れない様にしたいです。色々な職種、立場の方々とお話できてあっという間でした。暖かい空気の流れるひと時でした。

 

遊びみたいに始まった事なのに、どんどん関わる人が増えてしかも皆不思議な程いい人ばかりで面白くて、よく考えてもわからないから考えないけどやっぱりすごい事なんだなと思うんです。出来上がったものを見てそう思います。

もともとのいい言葉と、岩田さんの噛み砕いた文章はどんな人の心にも届く内容です。私も、もっともっと人の心に届く絵を描かせてもらえるように頑張ります。

 

沢山の応援の言葉、本当に嬉しかったです。いつもありがとうございます。



2 コメント

ビジネス絵本「リーダーに贈る言葉 2」作成会議

「リーダーに贈る言葉2」の作成会議の風景です。

表紙のイラストは早く決まりました!今回は黄色で、なんだかウキウキしますね。岩田さんは私の知人からの感想を読んで喜んでくれました。


他にも台割りを考え直したり、イラストの順番を見直したり、期間の確認をしたり、プロの編集者さんがいかにすごいのかを思い知らされながらも楽しく進めています。

帰り道は真っ暗でまだまだ寒いけど頑張ろ〜っと。



ビジネス絵本「リーダーに贈る言葉」完成と、出版記念パーティー開催。

「リーダーに贈る言葉」という絵本を作りました!元スターバックスCEO岩田松雄さんの文章と、私の絵で構成されたシンプルな絵本です。たった4人で作りました。こんな無茶ぶりを快諾してくださった岩田さんには本当に感謝しております。

 


出版までに到る経緯は発起人のブログでご確認ください。http://ameblo.jp/s-o-ozawa/theme-10058640640.html



目的は友人知人に配って楽しむ!という完全に楽しみ最優先で作られた本でしたが、やっぱり沢山の人に読んでもらいたいです。大人の皆さんがすこしほっとしたい時、元気になりたい時に読んでほしい、優しさと勇気が詰まった内容です。



そして調子に乗って出版パーティーまで開催し、更にはその内容を掲載していただきました。いつもお世話になっているギャラリー「世田谷233」のHP内、「233press」コーナーに載っています。→http://233.jp/press/ 233の皆様、ご協力頂き心より感謝いたします。

楽しかったなあ。



他にもこんな記事があります。

お客様の声

思い

制作物のご紹介

イベント記事