コーヒーのことなら結構書けそう。

自分の好きなことを知ってもらいたいなと思って、思いついたのは、やっぱりコーヒーでした。

宇宙も好きだけど、自分が長い間親しんできたコーヒーをイラストにして、紹介しています。

器具の紹介と、そこに自分の思ったこともうまく絡めて伝えたいな。

ミルクは蒸気であっためるってどういうこと? コーヒーファン向けイラストその5

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントや、この器具の特徴はこうだよ〜。という、興味のない人にはどうでもいいことをブログにしました。

 

好きな人はああ、そこ描くんだ!って一緒に楽しんでもらいたいです。

 

今回は、エスプレッソマシンのミルクをあっためる「スチーム」機能について書きます。

美味しいミルクは「蒸気」=「スチーム」で作られてます。

美味しいカプチーノや、美しいラテアート、ホイップをのせても沈まないココア。エスプレッソマシンでは、エスプレッソ以外に、このスチームミルクを作ることができます。

 

レンジであっためたのとは明らかに違う、なめらかでクリーミィな、ふわふわで甘いミルク。

 

幸せを感じる瞬間、その2です。1はエスプレッソを飲んだとき、ですね!

 

そのミルクは機械の端っこについている、銀色の棒で作ります。スイッチを入れると、棒の先端から熱い蒸気が出て、ミルクを温め、美味しくしてくれるんです。

棒の名前は「スチームノズル」です。覚えてくださいね。

スチームと言って思いつくのは、これかな?

アイロンイラスト
アイロンから出るスチームも結構熱いですよね。火傷注意するくらい。

私は、スチーム=蒸気であっためると言われても、ピンときませんでした。

 

思いつくのは、アイロンや、蒸気機関車。こんな湯気で何でふわふわの泡のミルクができるんだろうと作ってみるまで、頭の中ははてなマークだらけでした。

 

けど、見たらすぐにわかりました。

 

イラストのように、ノズルの先に爪楊枝の先ほどの小さな穴が4つくらいあります。そこから蒸気がプシューッっと出てくるのです。シャワーみたいな感じですね。

ノズルから出てくるものが、お湯か、蒸気かの違いです。このノズルをミルクの入ったピッチャーに入れて、熱い蒸気をミルクに送り込み、温めながら泡を作っているのです。

スチームイラスト
ノズルの下に見えるのは、湯量の残量表示窓。ここでボイラーの湯量が適正かわかります。

その蒸気は、内臓のボイラーが作ってくれます。これで何杯も連続して熱い蒸気を作り続けられます。

 

このボイラーのおかげで、エスプレッソマシンは火を使わずに、あったかい飲み物が作れます。1台でアイスもホットも作れるって、すごいですよね!

 

蒸気はレバーやバルブを開くとノズル先端から出る仕組みです。どの位の熱さなんでしょう?…お店で待ってる時間を思い出してください。1〜2分です。

 

早いですよね。それも完成までだから、スチームしてる時間は1分足らずです。

 

スチームってそれ程ハイパワー&高温なんです。しかも美味しく、見た目も最高!

 

その熱い蒸気が出てくるので、ノズルはとっても熱くなります。だから火傷には注意が必要です。大抵、エスプレッソマシンを使ったことのある人はノズルをうっかり掴んで火傷したとか、蒸気や、お湯で火傷してます。

ボイラーのイラスト
ボイラーであっためてるから、この上がカップウォーマーにもなってるタイプも多いですね。

そして、皆さんが一度はやってみたいと思っているだろう、ミルクの温めかたは次回、書きます!

 

本当は今回書こうと思ったけど、今日はノズルとボイラーのことを知ってもらうだけにします。ボイラーなんて興味ない人多いと思うけど個人的なブログなので。悪しからず。

 

スチームノズルは、蒸気が出て、ミルクを美味しく安全に温める存在。

大きなボイラーがあるから、エスプレッソマシンは大きく、連続抽出ができる。

 

お忘れなく!

スチームイラスト
詳しくは次回!



エスプレッソ、美味しく入ったかは飲む前にわかるよ。 コーヒーファン向けイラストその4

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントや、この器具の特徴はこうだよ〜。という、興味のない人にはどうでもいいことをブログにしました。

 

好きな人はああ、そこ描くんだ!って一緒に楽しんでもらいたいです。

 

今回は、エスプレッソが美味しく淹れられたかを、飲む前に判断できるポイントを書きます。

エスプレッソの抽出は「落とす」「落ちる」と言います。

ショットを落としてるイラスト
多分、詳しくなくても綺麗に落ちてるのが美味しそうってわかる気がします。

エスプレッソがまさに今、抽出されています。1杯はごく少量で1oz(オンス)約30ccです。養命酒の小さなカップ程ですね。

 

せっかくなのでよく使う言葉の説明をします。ごく簡単に。

  • 1杯のことは「1ショット」。
  • 抽出は、絵のように上から下に出てきますので「落とす」。
  • ショットを受ける耐熱グラスを、「ショットグラス」。
  • ショットの抽出口は「グループ」。

 <使用例>

「1ショット落として」=「エスプレッソ、1杯抽出して」

「ダブルショット」=「ショットグラス2杯分」

 

 

こんな感じですかね〜。また、お店に行ったら会話を盗み聞きしてみてください。

 

 

というわけで、これは「ショットを落としてるイラスト」です。

 

さ、上の3つのグループの中で、おいしそうなショットはどれだと思いましたか?

イラストに正解があります。落ち方はどんな感じかな。

喫茶店イラスト
グループの上のボタンを押すとショットが落とせます。湯量もここで設定できます。
エスプレッソマシンイラスト
両方のグループでショット落としてます。両方いい感じのショットですね!

簡単でしたね。笑 正解は、左側のショットが美味しいショットです。

おさらいに、もう1度イラストを見てください。

左 → 理想。蜂蜜を垂らすようなスピードで、途切れることなく落ちています。ショットグラスの中は琥珀色のような綺麗なブラウン系。

 

一口で、美味しさがふわっと広がり、鼻に抜ける華やかな余韻もたまりません。

 

真ん中 → 早い。ショットグラスからはみ出す勢いです。粉の量が少ないか、挽き方が粗いか、タンピングが弱いのかもしれません。抽出不足で、色もちょっと薄く、水っぽい味です。

 

右 → 遅い。点滴のように途切れながらゆっくり落ちています。粉が細かすぎたり、量が多すぎ。タンピングが強すぎて、目詰まり気味になった。ショットグラスの中の色は透明感のない黒系。抽出過多になって、余計な雑味が多く、苦くて渋くて。。。

 

以上、美味しさの見分け方のご紹介でした。

 

味見無しで、時間と見た目で良し悪しを確認できるので、ショットが落ちるのを見るのは必須なんです。この量、毎回味見してたら、なくなっちゃいますからね。

タンパーと、フィルターのイラスト
挽き方、分量、タンピングが美味しさのポイントです!

ケーキで確認?ショットを落としたらケーキができるの?

これは、落とし終わった後のフィルターの中にあった、エスプレッソの粉です。

 

粉は当然ですが、1回しか使えません。落とし終わるたびに、捨てます。その粉の状態を確認すると、良い抽出ができたかどうかが判別できます。

 

理想的な抽出だと、左のようなホカホカの作りたてのガトーショコラみたいなんです。

 

逆に右のはぐずぐずです。ポロっと一かけ崩れることもあります。原因はショットの状態と同じですので割愛。

 

私、最初の頃は、全然美味しそうなケーキを作れなくて、たくさん、粉を無駄にしました。それはもう何十杯も。

 

落としても落としても、真っ黒いショットや、ダバダバのショット。どんどん溜まっていく失敗した粉を見ながら、豆や生産者の人にもうしわけない気持ちにもなりました。

 

だから、1つ1つのポイントや、特徴を知ってほしいと思ってます。その方が絶対美味しいし、嬉しいし。

 

というわけで、美味しいショットの見分け方はおしまいです。

次は、エスプレッソマシンのもう1つの魅力。スチームについて描きま〜す。こっちも楽しいよね〜!

コーヒーイラストブログ一覧はこちらです。




エスプレッソの抽出前に、トントンってやってるのは何かな? コーヒーファン向けイラストその3

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なので、イラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントや、器具の特徴はこうなんだよ。という、興味のない人にはどうでもいいことを描いています。

 

好きな人はああ、そこ描くんだ!などと思ってくれたら嬉しいな!

 

今回は、エスプレッソを抽出するときに使う、「タンパー」のことです。

「タンパー」は、コーヒー粉を均一に詰める、大事な道具。

ショットを落とそうとしてるイラスト
コーヒートリオが見学に来てます。

これはエスプレッソの抽出準備をしてるとこです。早く飲みたいですね!!

 

バリスタが右手で持ってるのが「タンパー」です。左手に持ってるのが、ポルタフィルターです。こっちはエスプレッソマシンにセットするあれです。

 

粉をカチャカチャって計量したら、これでトントンって詰めて、機械にセットします。味を左右する超重要かつ、楽しい場面です。

 

トントンって詰める作業を、「タンピング」と呼んでます。その道具なので、タンパーです。もしお店で見かけたら「タンピングしてるな」って思ってくださいね。

タンパーイラスト
持ち手と抑えの部分が違うもの、一体型。持ち手の形状もバリエーション豊かです。

ポルタフィルターに、粉をセットするための「タンパー」。いろんな種類やデザインがあります。見てるだけで楽しいです。

でも、見た目より大事なのは、底面のサイズ。とカーブも大事です。

 

理由は、粉をフィルターにきっちり均一に詰めて、お湯が通った時、粉に均一に流れるようにしたいからです。

 

抽出時間はわずか20秒程度、抽出開始したら落ちきるまで取り外せないので、粉を詰めるこの作業はとっても重要です。

 

事前メンテナンスできる機械と違って、ここは人の手作業なので、このタンパーが、強い味方になります。

 

サイズが合ってるとタンパーとフィルターは、粉をセットすると、こんな風にピタッと、合わさるんですよ〜!

タンパーと、フィルターのイラスト
この抑えが、抽出前の大事なポイントです。

粉を詰めたら、いよいよ抽出!

いよいよ、この粉をエスプレッソマシンに装着して、エスプレッソの抽出。って、続きを書こうと思ったけど、今日はタンパーの紹介なので、それは次回。

 

タンパーは正直目立たないです。でも、美味しく作るための工夫がいっぱいで、そういうのを知るたびに、いちいち感動します。ポイントを3つにまとめました!

  • 美味しく作るための工夫。
    底面のカーブや、素材に重みを持たせることで、グイグイ抑えなくても、粉が均一に詰めやすい。ぴったりサイズにすることで、隙間をなくして、お湯が粉を通らずに素通りするのも防げます。

    結果、美味しいエスプレッソを、連続抽出しやすくなります。
  • 疲れないための工夫。
    握りやすさもポイント。1日に100杯、もっと抽出することもよくあるので、素材や形は、バリスタの腕が疲れないように工夫されてるんです。
  • 楽しむための工夫。
    上の2つに加えて、見た目の演出も考えてあるのが素敵だなと思います。気持ちを高めてくれる道具があると、見る側も作る側も楽しくなりますもんねー。
タンピングイラスト
タンピングだよ。さては君、ドリップだね?

エスプレッソを抽出する中で一番楽しい作業のタンピング。ですが、、、全自動のマシンだと、この工程が不要で、タンパーも出番がありません。涙。

 

でも、私はこのタンピングが一番楽しいんじゃないかな?と思ってます。だって、触診できるんです。

 

タンパーで粉を抑えると、粗さや量を実際に感じられます。そこで、微妙なズレに気付くこともあるし、逆に今日はいい感じだな!っていう日もあります。まるで、機械や豆と会話してるような気持ちになれるんです。

 

天気や湿気によっても状態が変わるので、面白いです。

 

もし、皆さんもエスプレッソ教室があったらぜひこのタンピングができる回に参加することをお勧めします。人によって、落ち方が全く違って、本当に面白いですよ〜!

結局長くなってしまった。笑

 

というわけで、今日はタンパーのご紹介でした。ありがとうございます!

 

前回の記事はこちらからどうぞ。




エスプレッソの粉はいつ、どこで挽くの? コーヒーファン向けイラストその2

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントとか、この機械はこうなんだよ。という、興味のない人にはどうでもいいことをどんどん描いています。

 

好きな人はああ、わかるわ〜。って思ってくれたら嬉しいな!

 

先ずは人気の割りに分かりにくい、エスプレッソの機械についてです。お楽しみくださ〜い。

エスプレッソの豆は、専用のグラインダーで挽く!

兄弟のイラスト

大体、こんな感じのエスプレッソ用グラインダーが、エスプレッソマシンのすぐ横で、スタンバイしています。マシンとグラインダーがないと、エスプレッソ作るのは大変です!

 

エスプレッソ用のグラインダーには2つの部屋があります。分かりやすいように色分けしました。

 

上の黄緑色ゾーンの部屋では、豆の状態。

スイッチを入れると真ん中の刃で豆が挽かれ、水色ゾーンに落ちていきます。下の部屋はもう粉です。

 

鉛筆削りを縦にした感じって言えば分かりやすいですかね。

 

そして粉になったコーヒーを、定量ずつホルダーに出して、抽出します!

真ん中の刃は、エリザベスカラーのようなドーナツ型。

ここに刃がある!って書いてある内部にあるのがこんなパーツです。

 

ドーナツ型の沢山の刃が上下2枚セットでついてます。スイッチオンで、ギューーンって高速回転して豆をどんどん挽いていきます。いい香りが漂います!

 

臼で挽いてるのをイメージしてもらえると良いかな。

 

ちなみに、美味しいコーヒーの条件の1つに「粉の適正な粗さ」があります。この刃の間隔を調整しながら粗さを整えているんですよ〜。

 

粗すぎると水っぽく、細かすぎると色は濃いのに雑味だらけのコーヒーになっちゃうので、適正な粗さはとっても重要です。

 

挽かれたら、下の部屋へ溜まっていきます。お次はいよいよ計量です。

計量スプーンは不要。カチャカチャするだけで定量が出てくる!

これは、下の部屋を少し上から見た絵です。部屋の中は更に放射状の小部屋に分かれています!

 

小部屋の下にはスプリングが入っていて、1度に出る粉の量を自分で設定するようになっています。

 

そしてレバーを引いたら、部屋の下でスタンバッているホルダーに粉が入るんです!感動〜!

 

ちなみに2杯取りは2回カチャカチャってやりましょうね。

 

美味しいコーヒーの条件には「分量」も入ってます。1杯たった7gですから、1gでも大きな差!計量にはボクサー並みに気を使います。ボクサーの友達いないけど。

ホルダーもちゃんと水平に!落とさない、こぼさない、汚さない。

挽いて計ったお豆をここで受けます。ホルダー、本来は片手できちんと握って、もう片方の手で、レバーをカチャカチャッと引きます。

しかも、ホルダーが固定できるようになっているんですよ〜。考えられてますね!!上のイラストに戻って固定軸をご確認ください。

 

そしてきちんと粉を平らにしたら、エスプレッソマシンに装着!の前にタンピングが待っていま〜す。

 

なにそれ?と思うかもしれないけど、だいたいこの辺からはお店でよく見かける光景かと思います。

 

粗さや計量チェックは開店前にしておくことですよね。つい長くなっちゃったのはそこが好きな行程だから。機械に愛着を感じるのは車やPCだけじゃないんですよね〜。

 

こうして書くと、ホルダーに詰める前にエスプレッソの半分は出来上がってるんですね。でも、これからも楽しいですよ。

 

次回はタンピングから書こうと思います。

 

だいぶ興味ない人には申し訳ないですが、描くと決めたら楽しいな。エスプレッソ飲みたいな〜!

 

前回の記事はこちらからどうぞ。

 




エスプレッソってどうやって淹れるの? コーヒーファン向けイラストその1

こんにちは、茶谷順子です。

 

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

 

なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントとか、この機械はこうなんだよ。という、興味のない人にはどうでもいいことをどんどん描こうと思います。

 

好きな人はああ、わかるわ〜。って思ってくれたら嬉しいな!

 

あわよくば、憧れの柴田書店や食べ物系の人にも見てもらえますように!

エスプレッソマシンのホルダー。

兄弟のイラスト

最近、すっかり市民権を得た、エスプレッソ。私はラテにするのが好きです。

 

だいたいでっかい四角いエスプレッソマシンで淹れられてます。いつ見てもあの形状がかっこよくて、惚れ惚れします。

 

今回は、その機械に取り付けたり、外したりしてるあのホルダーを描きました。

 

イマイチわかんないなあって、自分で使うまではいつも思っていました。

 

なので、説明しま〜す。今日はホルダーの使われ方だけです!

 

  • ホルダーの中には、極細挽きにしたコーヒー(大体14g)を入れます。

  • ぎゅっと力を込めて均一に詰めます。そのあと機械にぴったり装着します。

  • そして機械から一気に圧をかけてお湯を出します。粉の入ったホルダーを通って、エスプレッソが抽出されます。お湯の量は大抵あらかじめ設定してあります。

  • エスプレッソは左右に分かれた抽出口から均一に出てきます。2杯取りのほかに1杯取りのタイプもあります。
  • お湯も均一に流れるよう、機械側にシャワーヘッドのようなメッシュの穴が空いたスクリーンが取り付けられてます。

 

これで、美味しいエスプレッソが抽出されます!万歳!飲みたい!!

 

でも…、その前に、粉の粗さ、分量、詰め方、お湯の温度、が適正じゃないと全然美味しくないんです。こわいですね〜。

 

このホルダーに詰める前の、粗さや分量をどうやって決めてるかを次は描こうかな!

 

興味のない人にはつまんない。私は楽しい。コーヒーイラストの第1回目でした〜。

 

でも、これでもわかりにくいかな?もし何か気になった方はコメントをください。

 

コーヒーのお好きな方々、読んでいただき、どうもありがとうございます。




他にもこんな記事があります。

お客様の声

思い

リーダーに贈る言葉

働くあなたに贈る言葉

ビジネス絵本シリーズ

イベント記事